あま~るかののん ♡アトピー • アレルギー体質女性のリアルライフ♡

アトピー・アレルギー持ちでも心身共に楽しく生きるために試行錯誤リアルライフを更新しています

【注目の美肌成分】炎症後のお肌にハリと弾力を取り戻すための必須成分!

こんにちは(✿✪‿✪。)ノ♡ 

あま〜るかののんです。

 

 

アトピー性皮膚炎の炎症が治まったので、

セラミド原液集中ケアで、お肌の層を整え、炎症しにくいお肌を地道に作っているあま〜るかです。

 

 

調子が良いので、更に原液を追加しました。

 

 

さて、何を追加したでしょうか。

 

 

レチノール

ヒアルロン酸

コラーゲン

プラセンタ

ビタミンC

ビタミンE

 

 

気になるものはたくさんあります。

 

 

はい!

今回追加したものは、エラスチン

あまり聞きなれない成分ですが、実はハリのある若々しいお肌作りに重要な成分なんです。

 

 

 

エラスチン

エラスチンとは

  

エラスチンは、お肌の組織に伸び縮みの性質を与える弾力線維です。エラスチンが、コラーゲンを支えているおかげで、お肌にハリ弾力が生まれます。

 

 

セラミドでも言える事ですが、いくらコラーゲンやヒアルロン酸をたくさん補充しても、それを保持してくれる成分や支えてくれる成分が無いと、垂れ流しです。

 

 

まさに、縁の下の力持ち成分ですね。

 

 

目立たないけど、居てくれなきゃ困る!

 

エラスチンを多く含む食材

では、エラスチンをどんな食材に多く含まれるのでしょうか。

 

 

軟骨や手羽先、 牛や豚の筋、もつ、かつお、馬の腱や靭帯などです。

 

 

ですが、これらを大量に食べれば、皮膚のエラスチンが増えるっというわけではないので、即効性を得るにはなかなか難しいようです。

 

もちろん、食べないより食べるほうが良いとは思いますので、これらの食材をこまめに食べることも必要だと思います。

 

 

エラスチンは何歳でピーク?

さて、エラスチンは赤ちゃんの頃はほとんど体内に存在しないと言われています。赤ちゃんのお肌は、弾力があるというより、ぷにょぷにょしてやわらかいですよね。

 

 

エラスチンは、年齢とともに増えていき20代後半がピーク。

 

 

そういえば、27歳辺りの女性のお肌が一番ぷっりっとハリがありますもんね。納得です!

 

 

そして残念ながら、20代後半をピークに生成されなくなるので、ハリと弾力のないお肌になっていくんですね。

20代は、エラスチンの補充は要らないと思いますが、30代になるとエラスチン補充必須であることがわかります。

 

 

エラスチンは、サプリとして補充?化粧品として補充か?

 

美肌成分を補充しようとする時にいつも迷うのがここ!

サプリメントをして補充するか?

お化粧品として補充するか?

 

 

エラスチンは、真皮層のコラーゲン間に存在します。

お肌は、外側から表皮→真皮→皮下組織からなっており、真皮は2番目に位置する成分。

 

 

なので、外側からお化粧品として補充する方が効果的なのではと考え、サプリメントからではなくエラスチン原液をお肌に補充することにしました。

 

 

どうせ補充するなら、効き目の高いものを補充したい!っという私の考えです。

 

 

おすすめエラスチン原液

エラスチン配合化粧水とかエラスチン配合クリームとか色々ありますが、セラミドと同様、私は原液を補充しています。

 

 

これ一本でOKのようなサプリメントやお化粧品は、なんか信用ならない私。

 

 

マルチビタミン剤を飲むなら、その成分の単体のサプリメントをのむタイプです。

 

 

というわけで、こちらが私が補充しているもの↓

 

f:id:amalkanonon:20190323104306j:image

 

チューンメーカーズ エラスチン 20ml 【2本購入で送料無料に変更いたします】TUNEMAKERS エイジング 原液

価格:1,944円
(2019/3/23 09:54時点)
感想(8件)

 

アトピー体質であると、炎症を繰り返すので、より組織がぼろぼろ。炎症のない時に、こういう成分を補充して正しいお肌の層を作っていきたいですね。

 

 

そう!今が、チャンス!

 

 

炎症が無くなると、お肌の事は忘れがちになるアトピーさん。私もそうだけどf^_^;

  

 

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。少しでも、アトピー肌や弱肌さんでお悩みの方のお役にたてればと思います。