あま~るかののん ♡アトピー • アレルギー体質女性のリアルライフ♡

アトピー・アレルギー持ちでも心身共に楽しく生きるために試行錯誤リアルライフを更新しています

美肌作りに一日納豆2パック

こんにちは! 

amalkanonon(あま~るかののん)です。

 

 

 

美肌つくり対策にみなさんは何を食べていますか?

多分、一つは必ずあるはず?無い?

 

 

私はといいますと、かなり 沢山 あります(笑)

 

 

その中でも、納豆は必ず毎日頂きます。

 

f:id:amalkanonon:20190205091326j:plain

 

 

朝はファスティングしているから、もちろん無し。ご飯をいただくランチと晩御飯に1日2度、納豆を頂いています。

 

 

なので、冷蔵庫の在庫を切らさないように気をつけています。

 

 

さて、納豆さんがなぜそんなに美肌つくりに良いのでしょうか?

納豆の成分

細胞分解を促進するポリアミン

 

納豆に含まれる「ポリアミン」がお肌や髪の毛、爪をきれいにしてくれます。「ポリアミン」は細胞分解を促進してくれるので、古い細胞がどんどん分解されます。

 

古い細胞が分解されると、新しい細胞がどんどん作られる。

っということは、若い細胞がどんどん作られるんですね。嬉しい!

  コラーゲンの吸収をよくする「ナットウキアーゼ」

 

 また、納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」が、コラーゲンの分子を小さくしてくれるので、よりからだに吸収されやすくなるんです。

 

又、血液をサラサラにし、血流が促進されるので、血栓予防になり、お肌が生き生きつやつやになります。

 

ここで、注意!

ナットウキナーゼは、熱に弱いので、熱々ごはんにのせて食べちゃうと効果が無くなります。

 

熱々ご飯にかけると美味しいので、かけたいところですが、ナットウキナーゼの効果を得たいなら、冷えたご飯にかかるか別々でいただきましょう。

f:id:amalkanonon:20190205092431j:plain


 

保湿成分の「ポリグルタミン酸

ヒアルロン酸を遥かに上回る保湿性を持つ「ポリグルタミン酸

これがあのねばねばの正体です。

 

納豆を良くまぜると、このねばねば「ポリグルタミン酸」も増えるので、保湿力倍増!腕が痛くなっても、混ぜたいですね~

 

 

女性ホルモンと構造の似ている大豆イソフラボン

強い抗酸化作用があり、骨粗鬆症の予防やアンチエイジング効果があります。女性にとって、とても嬉しい成分ですよね♡

 

ビタミンB群

肌の強化、美髪効果。

眼精疲労疲労回復などの効果がある。

アトピーの弱々お肌にとって、肌の強化は嬉しいですね。

 

他にもたくさんの良い栄養成分が含まれる納豆。

わたくし『食べる美容液』と呼んでおります。

 

 

納豆はいつ食べる?

 

 

 

管理栄養士の方も推奨しておられる時間帯は、夜。

なので、朝納豆ではなく、夜納豆が一番効果を得られます。

 

ナットウキナーゼは、血液をサラサラにする効果があるのですが、それは食後8時間から10時間後。血液のめぐりが心配なのは、夜寝ている間ですよね。

 

なので夕食に頂き、寝てる間にナットウキナーゼさんに働いてもらうっという事なんです。

 

 

納豆と卵白を一緒に食べないで!

 

f:id:amalkanonon:20190205092501j:plain

納豆に含まれる美肌つくりに大事な成分『ビオチン』と生卵の卵白に含まれる『アビジン』。

 

 

私のビオチンの記事をお読み下さった方はご存知だと思いますが、ビオチンはアトピー性皮膚炎の改善にとても大切な成分です。

 

 

生卵の卵白に入っている『アビジン』が『ビオチン』と結合し、ビオチンの吸収が阻害されてしまうんです。悲しい。

 

 

わたしは、卵白の遅延型アレルギーがあるので、そもそも生の卵白は食べないですが、納豆に生卵を、かけるのがお好きな方は、気をつけて下さいね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます♡