あま~るかののん ♡アトピー • アレルギー体質女性のリアルライフ♡

アトピー・アレルギー持ちでも心身共に楽しく生きるために試行錯誤リアルライフを更新しています

アトピー悪化した時 『保湿』か『脱保湿』か どっち?

 私は『保湿』派

という私も、一時期脱保湿が流行り、傷だらけなのに保湿なしで皮膚を野放しにしていました。

 

ただでさえ普通の人より皮膚が薄く、表皮がほぼ無い状態なのにその皮膚を外部にさらしているってことです。

 

火傷状態の表皮の無い状態の皮膚を、野放しにしている。考えただけでも拷問です。

 

痛くて痛くて、耐えられませんでした。

脱保湿は無謀です。

 

確かに保湿のしすぎは、蒸れてほてり、痒みを引き起こすことはあります。でも、脱保湿はいきすぎだと後悔。

 

私の経験から脱保湿は、おすすめしません。

 

では、保湿剤は何を使えばいいの?

 

保湿剤も色々ありますが、とことん色々試して、今のお肌の状態にあったものを使うのがベストです。

今回は、一般的にどなたにでも使えそうな保湿剤をご紹介します。

 

一般的に保湿剤と言えば

  • 軟膏
  • ワセリン
  • クリーム
  • ローション

などがあります。

 

炎症がひどい時は、とにかく、表皮代わりになるワセリンがベスト。

 

ワセリンで表皮に膜をはってコーティングし、水分の蒸発を防ぐ。もし火照って痒くなってきたら、保冷剤で冷やす。保冷剤侮れないですぞぉ〜

 

保冷剤は、お肉やお魚など買った時についてくる無料ので十分です。

 

話が逸れましだか、ワセリンに戻りましょう。

 

ワセリンには、実は純度の高いものと低いものがあるんです!黄色っぽいものは、純度が低くておすすめしません。

 

アトピー悪化の時は、少しお値段はりますが、純度の高いものをチョイスします。

 

私は、白色ワセリンのサンホワイトを使っていました。ボトルとチューブがありますが、炎症範囲が広いならボトルの方がかなりお得です。

 

◇チューブ

【定形外郵便のみ/送料無料】※日時指定不可サンホワイトP-1 50g

価格:1,000円
(2018/11/30 22:46時点)
感想(86件)

◇ボトル

【送料無料】【サンホワイトP-1 400g】

価格:3,337円
(2018/11/30 22:48時点)
感想(14件)

症状が良くなってきたら、ヘパリン類似物質のヒルロイド軟膏に切り替えます。こちらも油分が多いので表皮代わりにし、乾燥肌の水分蒸発を阻止してくれます。

 

f:id:amalkanonon:20181201160522p:image

※【注意】 ヒルロイドシリーズは医療用医薬品なので、医師の処方が必要となります。

 

乾燥肌を通りこしたら、ヒルロイドクリームに切り替かえます。さらっとしていて程よく保湿力もあるので、私は一番おすすめです。季節の変わり目のお肌の荒れにもベスト!

 

もっとさらっとしたものが好みの方は、ヒルロイドローション。

 

この様に自分のお肌の状態を良く観察し、保湿剤を変えていくことが、お肌復活への近道です。

  

 まとめ
  1. 症状が酷い時は、純度の高いワセリン
  2. 軽くなってきたら、ヒルロイドへ切り換える
  3. とにかく皮膚の状態を良く観察する

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

お肌が早く快復しますように♡(  ᵕ̤ɜ)ᵕ̤ૢᴗᵕ̤ૢ )♡